アダルト動画

アダルト動画を蠱惑的な美しさで皆さんにお届けするファンタズマゴリアはみんなに夢のような時間を楽しんでいただく為の幻灯機!現実以上のリアリティと実像を結ぶ美麗画質に、実際にはなかなか体験できないシチュエーションなども織り交ぜ見てもらうために今日も様々な作品を上演しております!



入口



ファンタズマゴリアとは日本語で言う幻灯機のことで、現在の映画などが発達する以前、特に18世紀ごろの欧州などでは劇場で主流だった舞台演出用の装置の一つ。光の屈折による錯覚を応用し、描かれたシルエットを光で透かして立体映像のように舞台上に映し出すことができ、見世物として大いに人気があった。突き詰めれば蝋燭で照らす影絵遊びのようなものだが、大掛かりな装置による照明と、影を作る元の繊細な構成により現代でも様々な映像トリックに応用されている技術でもある。しかしながらこれは大変高度なもので、見事に動く人間や人骨の人形などを幻の如く出したり消したり、なめらかに動かしてみせたという。光と反射を活用した立体映像の原点ともいうべきものだった。なお、当時はオカルトや怪奇系の物語が人気演目として舞台脚本に多用されており、かのシェイクスピア作品などの幽霊が語るシーンでもよく使われていたと言う記録が残されている。これのおかげで当時は役者だけではなくその影を操る専門の裏方(日本舞台で言う黒子のような人)がおり、その人物によっては主演俳優以上に重要視される場合もあったというほどの重要性を持っていた。現代で言うと映画などで人気演出家がいる状況に近い。一世を風靡したこの装置も現代では残念ながら舞台構造の都合などもあってほとんど使用されておらず、なにより映画と違い毎回それを動かしたり役者が演じたりする必要があるため採算が合わないことで使われなくなってしまったと言われているが、一説には当時ほどうまく「」を扱える操者がいなくなってしまった為とも言われている。日本ではすでに申し上げたとおり、これを利用できる構造の舞台がないために見ることはまずない。日本語で言う幻灯機の大半は映写機に近いもので、原理は似ているが用途も目的もファンタズマゴリアとは別物として区分される。

出口


諸注意 アクセス 製品情報


Copyright 2007 © www.laughin-nose.com All rights reserved.