エロ動画

エロ動画の集まる場所へ、おじいさんが蒐集にいくと、そこで光る逸品を見つけました!中身を見てみると…そこには弾のような光り輝く美少女が大股開きで待っていました!そうしておばあさんに内緒で夜毎せっせと励むことにしましたとさ。


入口


蓬莱の樹海は中国の現在の山東半島の辺りにあると言われていた蓬莱山にある森林。そこにある蓬莱の木は根が白銀、茎は黄金で瑠璃でできた実がなるという樹木で、その枝をなよ竹のかぐや姫が車持皇子(藤原不比等がモデルだといわれている)に取りに行かせようとしたエピソードは有名。いわゆる求婚してきた五人の貴族に出した五つの難題のうちの一つ。諸説あるが、不老不死にまつわるエピソードなども関係しているとされ、神仙思想の影響が強く出ている逸話という見解が強い。蓬莱の地に関しては日本、中国共に仙人の住まう場所としての認識が強く、ここに行けば不老不死になれるという伝承も数多く残されている。また桃の木が沢山生えた温暖地域という話もあり、桃源郷という言葉はこれに由来する。伝承から環境と生育している植物などを察するに、富士の樹海と違って密生率は低く、比較的日当たりなども良いのではないかと思われる。また、桃を食べることで仙力を得るとか不老長寿になるなどというこれらを神聖視する話も中国では数多く、一説にはこの蓬莱の木は桃の木ではないかとも言われている。実際に桃には様々な栄養素が含まれており、当時の体調不良などには栄養失調などの理由も多かった為に医薬品として見られることもあったちいわれており、現代でも風邪をひくと桃の缶詰を食べるという日本の風習もこれに端を発していると思われる。その他にも神性な植物の代表として有名な逸話といえば西王母の管理する果樹園の桃を斎天大聖(孫悟空)が盗んで岩山の牢に閉じ込められた話などもあり、アジア圏の神秘信仰においていかに重要な位置にあったかがうかがえる。なお、有名STG東方永夜抄のスペルカード「蓬莱の樹海」もこの竹取物語から引用されている。また、その他の場所でも五つの難題のうち蓬莱の木ばかりが様々な著作などでテーマに用いられるが、それは車持皇子だけが唯一かぐや姫のもとに再び姿を見せたから印象が強いためだと思われる。最後になるが、当然ながらこの様な樹木は存在しないし、蓬莱山自体も伝説上の土地である。


下の「出口」をクリックするとyahoo!Japanの検索ページへと移動します
出口


蓬莱の玉 五つの難題 かぐや姫


Copyright © 2007 www.laughin-nose.com All right reserved.