裏ビデオ ヴァルプルギス

裏ビデオを楽しむのは私たちには当然の務めなんですよ。そう、それはあたかも四月末の北欧で行われるヴァルプルギスの夜祭のように、盛大で楽しい夜を皆さんも過ごしてみてください。共に踊り乱れる相手はここからいくらでも見つかるはずですから。よく言うじゃないですか、同じナントカなら踊らにゃ損ってね!この饗宴で貴方も気持ちよくなってください!



ヴァルプルギスに参加する







ヴァルプルギスとは毎年四月の終りに行われる北欧方面の祭日で、季節の変わり目、春の訪れを告げる祭りでもある。起源はかなり古く何世紀も昔から続いており、元々その日は冬の神と春の神の入れ替わりの日であり、その日の夜だけは神の威光から逃れられる悪魔や魔女が跋扈すると言う迷信があった。ゲーテの著作「メフィスト」においてもブロッケン山の頂上でこの日にサバトが行われる様が書かれている。この世ならざるものが現われるという意味においては日本のお盆に通じるように思える部分もあるが、基本的にそれらを敬うのか忌み恐れるのかで大きく異なる。現在においてはこれらは迷信とされており、市がたったり、パレードなどを行う街などもあるなど普通の祭りとしている地域も少なくない。だが、まだ広い地域で「この日の夜には出歩かない」というのを頑なに守っている地区も存在する。なお、この風習そのものの由来については諸説様々だが、ブロッケン山の怪物と呼ばれる怪現象に端を発しているという説が有力で、この現象はブロッケン山の頂上で早朝に見られる奇怪な黒い人影のことだが、これは朝日によって目撃者自身の影が深い霧に投影されたものだと現在では科学的に証明されている。しかし、昔の人々は朝日が上り始めたころわずかに見る事ができ、日が昇りきると姿を消すこの影に悪魔の姿を見出したのだろうと言われている。なお、この怪現象は気候の問題などで深い霧が発生しやすい4月の終りから5月の初旬にしかほぼ発生しない(現在は温暖化の影響などもあってか発生時期が狂いはじめている)ため、この現象が深く関係していることは想像に難くないと言える。また、遠い過去の話だが、裏ビデオは一時期イエズス会から悪魔が善良な神の僕を拐わかす為に作った映像だとして弾圧されたことがある。サバトなどと関連付けられるのはいつの時代も同じなのかもしれない。しかし、このサイトでは純粋にお祭り程度の話で解釈していただいてかまわない。結局のところ、どちらにせよ現代ではみなが楽しむ為のものであり、それ以上でもそれ以下でもないのである。



いや、帰りますよ



諸注意 交通アクセス 開催日程


Yahoo!検索
Copyright © 2007 laughin-nose.com All rights reserved.